任意保険との違い

原付を購入したら考えるのが任意保険です。
自賠責保険は強制保険なので原付をバイクショップで買えば、入ることが義務付けられているため絶対に入りますが任意保険は名前のとおりで加入はどちらでもOKとなっており、任意で加入する保険です。

任意保険は補償範囲が広い

自賠責保険というのは補償される範囲が「対人のみ」に限定されます。
事故によって相手にケガを負わせた場合に補償されるのが自賠責保険です。対人のみの補償のため、相手の車(物)への補償はありません。

当然ながら自分に過失があれば相手の車を直さなくてはなりませんが、そのときの損害賠償代は自賠責保険では一切補償されません。全額自己負担でカバーしなくてはなりません。

任意保険なら対物賠償があるため、加入していれば補償範囲内でカバーされます。
一般に任意保険へ入るときは、「対人・対物」は無制限ではいるため、相手と相手のモノの補償はカバーされるのが任意保険です。

「原付だから相手のモノへの補償はたかがしれてるから任意保険は必要ない」

こんな考え方は大変危険です。

原付だってその気になれば相当なスピードの出る乗り物です。
もしも事故を起こせば賠償額は想像をはるかに超える金額となり得ます。

任意保険未加入だと示談交渉も自分で

任意保険に未加入で事故してしまって、相手がいる場合、示談交渉も自分でやらなくてはなりません。任意保険に加入していれば経験豊富なプロである保険会社が交渉してくれます。

こういった点からも原付であっても任意保険は必須ということがわかると思います。

任意保険は補償・年齢など条件で違う

原付であっても任意保険はそれなりの保険料となってしまいます。
保険料は年齢など条件によって違ってきます。10代だと保険料は高くなる傾向にあります。

ネット見積もりで比較して決めるのが良いでしょう。

また、ファミリーバイク特約なら年間保険料を個別に任意保険へ入るのに比較すると安く抑えることできます。