原付の自賠責保険って!?

そもそも原付の自賠責保険ってどんな保険がご存知でしょうか!?
自賠責保険というのは対人補償に限られた保険となっています。

もしも事故した際に被害者を補償するための保険となります。

ただし、補償額は以下のように最低限となっています。

自賠責保険の補償額

●障害:120万円(1名につき)
●後遺障害:75万円~最大4,000万円(1名につき)
●死亡:3,000万円(1名につき)

被害者のための保険なので、自分自身の保険ではありません。
対人賠償のみの保険となっているため、相手の物への補償はされません。たとえば、事故して相手の車やバイクだったり家など他人の物を壊してしまうことがあるはずですが、そういった物への補償はなされません。

あくまで相手の人への損害を補償する保険となります。

また、原付に乗っていて事故した場合にケガしても自賠責保険では自分への補償はされません。
上記補償額は決して十分とは言えず、任意保険に加入しておくのがベターといえます。

ただ、任意保険ってそれなりの保険料になります。
自分で補償内容をある程度決められるため、無駄に高い保険に入る必要ありませんが、対人・対物は無制限でかけておくべきです。任意保険へ加入するときは対人・対物の補償額について注意しておきましょう。

加入は義務

原付であろうと公道を走るなら自賠責保険は強制的に入る保険です。
もしも未加入で走ってしまうと罰則があります。
自賠責保険は車・バイク・原付すべての車が入る保険なので、運転者の義務として自賠責保険に入っておきましょう。

原付の任意保険を安く入る

少しでも無駄な保険料を払いたくないという人にオススメな節約法がファミリーバイク特約です。これに入ることで任意保険を安く用意することができます。

ファミリーバイク特約が使えるのは原付バイクならではのメリットです。
原付は維持費が安いということで重宝される所以でもあります。